SHOP
円JPY

Tokyowheel EPIC 3.4 - Carbon Clincher - Rim

有効性: 在庫有り

Rim Set
Front Rim
Rear Rim
48,492円
24,732円
29,052円

Select Options & Buy


VISA, Mastercard, Maestro, Discover, Diners Club, JCB

EPIC 3.4
Lightweight Aero Wheel System

loading...

The ultimate lightweight wheelset. Designed for rides with a lot of climbing and sprinting. The EPIC 3.4 is the lightest aerodynamic wheel, with the best handling.


Rider Type
Is this wheelset right for you?

Road Racing

The EPIC 3.4 is the ideal wheelset for road races involving a lot of climbing or attack sprinting. It's great for gaining speed out of criterium racing corners. The incredibly stable handling keeps things safe when riding in a peleton, and the light weight, high stiffness wheel system is great for breakaways or catching the wheel of a passing rider.

トライアスロン

For the best triathlon time savings, we generally recommend a higher rim depth wheelset, like the EPIC 7.10 , but if you are looking for a wheelset for very windy conditions the EPIC 3.4 is for you. Choose this wheelset if your looking for an ultra stable lightweight wheelset for windy days or courses with significant climbing.

Recreation

The EPIC 3.4 is the perfect recreational wheelset. You will love the dramatic increase in speed over traditional wheels. The highly stable EPIC 3.4 is great for side-by-side or paceline riding in group rides. The lightweight and super stiff rim design will help you on climbs and when sprinting to catch, or break away, from other riders.

Having a hard time choosing? Learn More About Ride-Centered Products...



System-Optimised™ Design
A Different Approach To Wheel Design

Tokyowheel System-Optimized™ wheels have distinctly different front and rear rims to maximize performance. Learn More...


CFD Engineered
Computational Fluid Dynamics

Faster, more aerodynamic wheels as a result of engineering in a computer simulated windtunnel. Learn More...


Carbon-Strut™ Construction
Unique Carbon Fiber Manufacturing That is Lighter and Stronger

69 folded layers of carbon fiber arranged in a stronger, lighter construction only possible with System-Optimized™ wheels. Learn More...


2-Way クリンチャー チューブレス. チューブまたはチューブ無し - 選んでください

Tokyowheel 2-Way Tubeless Clincher

*Epic 60 Shown

Use either traditional tires with tubes, or tubeless tires without tubes. Tubeless tires can provide lower rolling resistance and better protection from punctures.

チューブレスについて詳しく調べる

カーボンバルブバランス. よりスムーズなホイールの高速回転

Tokyowheel Carbon Valve Balance

*Epic 60 Shown

Tokyowheelのリムは、長いインナーチューブバルブの重さのためにバランスが保たれます

詳しく調べる

DuraHeat-R™ High-Temperature Carbon
Better Braking Performance.

DuraHeat-R™ Carbon Braking Surface

A three part technology for superior braking with carbon rims.


UCI Approved

This wheelset has been certified and approved by the UCI (Union Cycliste Internationale), for use in UCI sanctioned road races. These wheels are also certified for use in ITU (International Triathlon Union) sanctioned triathlons.



Technical Details


What's In The Box
All The Accessories You Need

With every rim purchased we ship a valve extender, rim tape, a pair of brake pads (excluding disc brake rims of course), and any decals selected.


Technical Details

Customer Photos #TOKYOWHEEL

カスタマーレビュー

Learning Center


購入についての質問 一般的な質問に対する答えをすぐに手に入れてください

弊社は日本の東京に拠点を置いています。2010年より営業しています。当初は日本市場のみで販売していましたが、2013年に世界中への販売を開始しました。弊社は、近々、製品ラインを拡大する予定です。すぐには会社を閉じるつもりはありません。

私たちの経験では ‘Bill Me Later’ は米国のみで使えます。現状では別の支払い方法のオプションはありません。大半の方々は支払いをするのにクレジットカードをご利用になります。そうすることで、よりよい利子率の適用を受けることさえあります。

私たちは、110%の返金保証のついた65日間の試乗を提供しています。試乗をご希望の場合には、www.tokyowheel.com からホイールを選んで注文をしてください。65日間までのお試し中にいつであろうと返品したければ、弊社はその返送費用を支払い、全額の返金をいたします。さらに、謝礼としてあなたの購入額の10%を追加でお支払いいたします。

ディーラーリスト を確認してください。

申し訳ありません、東京オフィスでは販売をいたしておりません。弊社の東京オフィスは管理業務、顧客サポートおよびマーケティングを行っています。


製品情報 Tokyowheel 製品についての技術的な質問についての答えを手に入れてください。

すべての Tokyowheel には、チタン製クイックリリーススキュアー、ブレーキパッド、バルブエクステンション、および ナイロンリムストリップ (クリンチャー用)がふくまれます。あなたが追加で必要な部品は、インナーチューブ、タイヤおよびリアカセットだけです。ほとんどのお客様は、古いホイールから新しいホイールへカセットを付け替える選択をします。それにはいくつか特別な工具が必要ですが、あなたの地元の自転車店で簡単に行うことができます。

  • Tokyowheel のパフォーマンスと品質のための考えを知るために 私たちのお客様がここで言うべきことを確認する。
  • 私たちは、関税無しを保証します。
  • 輸送費用(世界中のどこ宛てでも)は価格に含まれています。
  • 私たちのホイールは、あなたが Tokyowheel を受け取ってから1年間保証されます。
  • 私たちは自社の製品に自信があります。ですので、もしあなたが購入されたホイールに満足されなかった場合には、私たちはその費用の110%を返金いたします。私たちは、65日間の試乗も提供しています。あなたが Tokyowheel を受け取ってから65日以内に満足いただけない場合には、その返送費用も私たちが支払います。

申し訳ありません、私たちが提供するのは 700c サイズのホイールのみです。

これまでは、このことはカーボンホイールにとって大きな問題でした。この問題が生じたのは、いくつかのカーボンファイバーの樹脂が、長い坂道で激しくブレーキをかけると発生する高温に耐えることができなかったためです。これらのホイーは、『限界』に達し、ブレーキングサーフェスが解け、いくつかの事例では、リムの故障が起きました。Tokyowheelでは、ホイール技術を継続的に改善しており、ブレーキングサーフェイスには特別な注意を払っています。

私たちがブレーキングのパフォーマンスと温度耐久性を向上させるためにリムに取り入れた、3つのテクノロジーがあります:

1+2. 私たちは、すべてのリムのブレーキングサーフェスにDuraHeat Rカーボンを使用しています。この技術は二つの部分から成り立っています。第一に、このカーボン樹脂は熱への抵抗力が強く、リムはブレーキングの際の高熱(260℃)でもまったくダメージを受けずに耐えられます。第二に、私たちは熱伝導性の高い繊維をカーボンに埋め込んでいるので、『ホットスポット』から熱を拡散することができます。それにより、リムへのダメージなしに、より強く、より長く、繰り返しブレーキをかけることができるようなります。

それらは主要なポイントですが、もうひとつ同時に考慮すべき小さなことがあります。それは次の通りです:

3. 私たちは、まったく新しい BlueStop 2Gブレーキパッド を取り入れています。私たちの製品ラインへの最新の追加。これらのパッドは、よりしっかりとグリップし、低温状態をより長く保ちます。私たちのホイールには他社製のパッドを使うこともできます-私たちは SwissStop Yellow King 製品ラインを推奨します(私たちのセラミックChampion™パッドに対し、Yellow King パッドはリム上にカスを残すので、制動の間リム温度はより高くなります)。

私たちは、ブレーキングサーフェスのパフォーマンスのためにデジタル試験ラボでもホイールをテストします。これは製造プロセスの重要な部分であり、私たちのホイールのパフォーマンスが高い理由の1つです。

この試験の間、私たちは時速30kmまでホイールを走らせてからブレーキをかけて、7つのパフォーマンス変数(例えば、減速、制動距離、および平均と最大のリム温度)を測ります。これらを測ることによって、私たちは過酷な制動状況の下でのホイールのブレーキング・パフォーマンスと耐久性を連続的に改善することができます。

私たちのリムはすべて100% カーボンです。私たちは、アルミニウム製のブレーキングサーフェスのホイールは提供していません。私たちのDuraheat-R™カーボンブレーキングサーフェスは、アルミ製のパフォーマンスに匹敵します。それはとても軽量でもあります。そして、それはより速い加速とより良いクライミングをもたらします。これまでは、ブレーキング摩擦で生じる高熱によってもたらされるあらゆる耐久性の損失を最小にするために、アルミニウムがカーボンホイールよりも使われました。ブレーキング材料技術の進歩により、最近の数年でカーボンブレーキング・システムのパフォーマンスは改善しました。その結果、アルミニウム/カーボン形成法の人気は落ちました。Tokyowheelは、カーボンブレーキング技術を絶えず研究開発しています。

私たちがブレーキングのパフォーマンスと温度耐久性を向上させるためにリムに取り入れた、3つのテクノロジーがあります:

1+2. 私たちは、すべてのリムのブレーキングサーフェスにDuraHeat Rカーボンを使用しています。この技術は二つの部分から成り立っています。第一に、このカーボン樹脂は熱への抵抗力が強く、リムはブレーキングの際の高熱(260℃)でもまったくダメージを受けずに耐えられます。第二に、私たちは熱伝導性の高い繊維をカーボンに埋め込んでいるので、『ホットスポット』から熱を拡散することができます。それにより、リムへのダメージなしに、より強く、より長く、繰り返しブレーキをかけることができるようなります。

それらは主要なポイントですが、もうひとつ同時に考慮すべき小さなことがあります。それは次の通りです:

3. 私たちは、まったく新しい BlueStop 2Gブレーキパッド を取り入れています。私たちの製品ラインへの最新の追加。これらのパッドは、よりしっかりとグリップし、低温状態をより長く保ちます。私たちのホイールには他社製のパッドを使うこともできます-私たちは SwissStop Yellow King 製品ラインを推奨します(私たちのセラミックChampion™パッドに対し、Yellow King パッドはリム上にカスを残すので、制動の間リム温度はより高くなります)。

私たちは、Sapim スポーク & ニップルにアップグレードされたすべてのホイールにブラック Sapim SILS Polyax アルミニウム ニップル を使用します。

私たちは、特別なハブとフロントおよびリアによりたくさんのスポーク (24/28)を使ったXL ハブ アップグレード を提供しています。このハブセットは、体重の重い/力の強い ライダーのために設計されたものです。

いいえ、私たちはカスタムデザインやグラフィックサービスを提供していません。私たちには、ロゴ無しバージョンを含め、12種類のデカールカラーオプションがあります。私たちのデカールはすべて剥がすことができるので、ホイールからデカールを剥がすかロゴ無しを注文し、あなた自身のデカールを貼ってください。

いいえ、私たちはNovatec製のハブは提供していません。私たちのハブは、台湾にある高品質の専門ハブメーカーによって作られています。

私たちのハブはすべて、11スピードまで互換性があります。つまり、8、9、10スピードにも互換性があります。11スピードではないカセットで使用するための小さなスペーサーをお付けします。

私たちは、既定として、ドライブサイドと非ドライブサイドの両方にリアホイールを二重に組み上げます。その例外は、あなたが私たちのエアロセラミックハブセットにアップグレードした場合です(その場合、ドライブサイドにラジアルを組み上げ、非ドライブサイドを二重に組み上げます).

Tokyowheels はライダーの体重制限を実に高く設定しています。制限はホイールセットごとに異なり、 209lbs/95kg ~ 243.5lbs/110kg の範囲です。ホイールセットごとのライダーの体重制限は、各製品ページの クイックスペックボックス に記載されています。Sapim CX-Ray スポークアップグレードをあなたの組立セットに加えれば、それぞれのホイールセットの実際の制限値を高めることができます( これにより22lbs/10kg 増加します)。ライダーの体重制限について語るとき、私たちは一般的にスポークの破損を回避する方法について語っています。Sapim CX-Ray スポークはより強靭であり、SILS Polyax ニップルは、スポークを通ってニップルへ、そしてリムの中へと力の伝達をより効果的に行えるようにします。

いいえ、弊社のホイールがフィットしないという報告は、すべてのCervelos(サーヴェロ)を含むどのフレームについてもこれまでありません。弊社のリムの形状デザインは、ブレーキングサーフェスで幅25mmで、リムの中心へ向かってわずかに広がるように膨れています。この形状により、弊社ホイールは幅広いレンジのフレームにフィットすることができます。唯一の問題は、スペシャリティブランドのブレーキに対するフィッティングです。ブレーキキャリパーと、取り付けられているブレーキパッドとの間に25mmのクリアランスがない場合には、リムがフィットするようにブレーキパッドをサンドペーパーで削り落とす必要があります。この問題は、シマノ、SRAM、または Campagnolo(カンパニョーロ)の各ブランドのブレーキでは起きていませんが、小規模のスペシャリティブランドのブレーキでは報告されています。

はい、あなたがカセット互換性オプションの ‘Campagnolo(カンパニョーロ)’ を選択すれば、私たちはCampagnolo(カンパニョーロ)と互換性のあるブレーキパッドをお付けします。

はい、すべての Tokyowheel Epic ホイール は 2-ウェイ チューブレス クリンチャー と互換性があります。ノーマルクリンチャータイヤ および チューブ、 または チューブレスタイヤ および チューブ無しを使用できます。

これはお答えしにくい問題です。それはあなたの走行スタイルによります。トレーニングなのか、それともレースなのか、夏なのか、それとも冬なのか、など。基本的に、ハンドリングを最適にするには、私たちの25mm幅のリムには23cのタイヤを使いたいところですが、23cから50c、またはそれ以上のどのサイズでも使用することができます。コンチネンタル(特にGrand Prix シリーズ)から選べば、間違いありません。ベーシックな Grand Prix から初めて、500~1000km走ったのちにその耐久性を確認してみてはどうでしょう(これがあなたの走行方法に合う場合)。何度もパンクしたり、ゴムが大きく欠損したりしたならば、Gatorskin のようなより耐久性のあるタイヤに変えてください。問題がないがチューニングをよくすることに関心があるならば、耐久性の低いタイヤを試して、パフォーマンスが向上するか確認してください。 Grand Prix 4000s などがよいでしょう。弊社では、あなたのホイールにバルブエクステンションをお付けしていますので、特に長いバルブのチューブを入手する必要はありません。

いいえ、私たちはインナーチューブ、タイヤ、および カセットは販売していません。あなたの地元のバイクショップからお求めになることをお勧めします。

私たちは、ホイールの耐用年数の間に、誤差補正のメインテナンスをする必要を減少させる特定のホイール構築プロセスを用いています。私たちのホイール構築プロセスは以下の通りです:リムにスポークを組み上げて、低い張力でホイールを正しく調整します。スポークに更に張力を加えられるよう、理想的な位置になるようにスポークをならします。この後、スポークを均等な張力まで引き上げ、マイクロメーターとテンシオメーターで測定します。 次に、機械でハブに側方から力を加えることによって、ホイールのストレスを軽減します。これは基本的に、新しいホイールで経験するであろう『慣らし』期間に置き換わるもので、弊社のホイールがより長くより正しい状態にとどまることを可能にします。最後の誤差補正が終われば、仕上げの準備ができています。

はい。リムの表面を滑らかにするために、非常に目の細かい紙やすりでその部分を軽く磨くことができます。 これは、あなたのホイールの性能、耐久性または安全に否定的な影響を及ぼしません。

私たちのクリンチャーの最大圧は140psiです。チューブラー圧に対する制限はありません。大部分の人々は120psiかそれ以下を使います ― 特にリムが広い(より低いpsi で、同じ転がり抵抗を達成できる)という事実を伝えられると。

弊社は大きいブランドと同じ材料と製造プロセスを使いますが、諸経費は非常に低いのです。 私たちは、製造ポイントから御客様まで直接出荷します。 私たちは、ホイールを保管したり在庫を持ったりする持つ必要はありません。 私たちは、何人もの仲介者(各々が数パーセントのマージンを取る)を通して売りません。私たちは、広告やマーケティングに資金を使いません。 私たちはこうしたプロセスに関わるスタッフは全く必要ありませんし、そのスタッフのためのオフィスも、そのスタッフに仕事をさせるための設備も必要ありません。つまり、私たちは小規模で機敏なのです!


ホイールの選択 どのホイールがあなたに適しているかアドバイスを入手してください。

オールラウンド 走行には Epic 50-60 ホイールセットをお勧めします。クライミングとハンドリングも良好でありながら、エアロダイナミックパフォーマンス も顕著に向上します。

Vapor セラミック ハブ アップグレード または DT Swiss 240s ハブ アップグレードの Epic 38-50 ホイールセット をお勧めします。Epic 38-50は、他のライダーに隣接してうまく扱える軽量で高速なホイールセットです。両方のハブアップグレードは、Sapim CX-Ray スポークの更なる強固さとエアロダイナミックの長所を特徴とします。もし予算に余裕があるならば、DTスイスの240sハブセットと組み合わせることを検討してください。それにはユニークな『スターラチェット』メカニズムがあり、駆動力の伝達と耐久性がより優れています。

私たちは、トライアスロン選手にとって最適のホイールセットとして、 Epic 60-88をお勧めします。 横風の中で若干の安定性を犠牲にして、より多くのエアロダイナミックな優位性を望むならば、Epic 88ホイールセットにステップアップすることが可能です(究極のgo-fastのために)。これは万人に適した方法ではないので、このホイールセットを買う前に、横風/ディーププロファイルリムのことについて調査をしてください。 エアロダイナミクスを増やして、横揺れ抵抗を減らすには、Tokyowheel エアロセラミックまたは軽量セラミックハブ/Sapim CX-Ray スポークアップグレードをお勧めします。

それはあなたの走行スタイル(と予算)によりますが、私たちは通常、以下の基準の用いることを推奨しています: あなたが大きなオールラウンドホイールセットの最高価値を得ようとしているならば、スタンダード(Tokyowheel Vapor)ハブを選んでください。 それは、非常に耐久性があって、オールラウンドで良好なパフォーマンスを発揮する、優れたハブセットです。それはあなたが見つけるであろう大部分のエントリーレベルのハブよりずっとよいです。あなたがトライアスロンレーシングのためにホイールを使うことになるならば、私たちは Tokyowheel エアロセラミックハブにアップグレードすることを勧めます-削減された内部摩擦、改善された転がり抵抗、そしてアップグレードされたスポークは、あなたのトライアスロンの記録の助けとなるでしょう。あなたがロード・レーシングをしたり、クライミングをたくさんしたり、競技でグループ走行をしたりするならば、DT Swiss 240s ハブセットを選んでください。このハブセットには、フリーハブメカニズムに強力な『スターラチェット』システムがあり、アグレッシブで高いパワーでの走行の間、優れた駆動力伝達をもたらします(そして、スポークアップグレードロックも)。まだ決断できなければ、私たちにご連絡ください。あなたに個人的な助言をいたします。

私たちのホイール上のグラフィックスは、カットされたビニルデカールです。それらはカーボンの上に貼られ、透明なコーティングはされていません(剥がしてデカールを取り換えることと、マット仕上げの上に光沢という視覚効果を考慮に入れるため)。夜間の安全と可視性のために、それらは半反射ビニルで作られています。私たちのウェブサイトで12の異なるカラーオプションから選ぶことができますが、それにはロゴ無しオプション、ならびに、ミラーシルバー仕上げやミラーゴールド仕上げも含まれています。交換用デカールセットはここで購入できます。

The new Epics have different rim shapes, different rim shapes front and rear, different rim depths, different hub options, and different layup.


保障および保証 Tokyowheel の保証について調べる

Tokyowheel は、購入の不安を取り去るために、また、Tokyowheels を購入することでライダーが嫌な思いをすることがないように設計された保証が少しあります。

3つの主要な保証があります。

  • 110% 無関税保証
  • 65日間、110% 返金 試乗
  • 110% スピード保証

ここにそれらについての情報がもう少しあります。

私たちはグローバルなロジスティックスと輸送の専門家です。御客様が手数料や税金を一切払わなくてもよいように、ホイールを送り出します。会社の哲学として、すべてのライダーは弊社製品へ等しくアクセス出来るべきであると私たちは考えています。L. A.のライダーは、モザンビークのライダーと同じ合計金額でホイールを手に入れるべきです。それを実現するために、私たちは世界中送料無料!と無関税保証に最も尽力しています。それは、サイクリング産業を導き、グローバルに拡大するという私たちのプランの必要不可欠な部分でもあります。私たちは110%の保証でそれをバックアップします。つまりそれは、ホイールを受け取るためにいかなる追加料金であろうとあなたが払わなければならない場合には、それらの料金の費用の100%に加え、謝礼として10%をプラスして私たちはあなたに支払うということです(こうしたことはめったに起こりませんが、起きた場合には、ライダーをサポートするために私たちは一層の努力をします)。

私たちは、110%の返金保証のついた65日間の試乗を提供しています。試乗をご希望の場合には、www.tokyowheel.com からホイールを選んで注文をしてください。65日間までのお試し中にいつであろうと返品したければ、弊社はその返送費用を支払い、全額の返金をいたします。さらに、謝礼としてあなたの購入額の10%を追加でお支払いいたします。

あなたが速度に関しては最先端のものを探しているならば、Tokyowheelをためしてください。 私たちはあなたが弊社のホイールでより速く走ることができると保証します。そうならないときは、私たちはそれらの返送費用を支払い、あなたに全額払戻しをします。そして、試乗してくれたお礼に、あなたに別料金10%を支払います。

たぶんお分かりだと思いますが、私たちは自社の製品に自信があります。 我々のホイールに問題があって, 多くの人々がこうした私たちの保証を受けているならば, 我々は市場にとどまることができません。堅固なアフターサービスの方針は私たちにとって本当に大切です。 私たちは御客様には選択の自由があることを認識していますし, いつでも正しい選択をしたと思っていただきたいと望んでいます。

ホイールに問題があるならば、私たちがあなたのためにその問題を引き受けます。私たちは自転車整備士に見てもらうための費用を支払います-彼らは通常、私たちの経験に基づくちょっとした ヒントで問題を解決することができます。私たちは、必要に応じて予備部品を送ります。また必要ならば、私たちはホイールを交換します。当然、すべての輸送は私たちが負担します。タイムリーな方法で問題を解決することは、私たちにとって非常に重要であり、私たちの Community Manages はいつでもアドバイスとサポートに使えます。

はい、購入から65日以内ならいつでもあなたのホイールを返品して110%の返金を受け取ることができます。返送費用も私たちが支払います。あなたがホイールを返品したいという時でも、私たちはあなたにあなたの経験に満足して欲しいと思っており、そのためには何でもします。詳しいことは弊社の全契約条件をご確認ください


出荷および配送 出荷、配送、および税金についての質問の答えを手に入れてください。

はい、私たちは世界中のどの国にも無料配送しています (APO/FPO/DPO の住所を含みます)。輸送には返金で 7 ~ 14 日かかります。時折、輸送会社の遅延により、あと数日長くなることがありますが、通常では、ご注文から7 ~ 14 日であなたはホイールを受け取ることができます。

配送日を保証できたらよいのですが、あなたのホイールがひとたび私たちの施設から離れてしまい、輸送業者の手にわたると、私たちの管理の及ばないたくさんのことが起こります。私たちが出荷後に提示する輸送日程見積もりは、その納期に対し95%の精度です。

配送されたあなたのホイールを受け取ってください。付帯する料金があれば、それを輸送業者に支払ってください。レシートの写真を撮って、それを電子メールでTokyowheel に送信してください。私たちはあなたの110% 無関税保証返金の手続きを行います。あなたのアカウントに、料金全額および追加の10%が 入金されます。


製造および試験 あなたのホイールのパフォーマンスと品質を保証するために、どのように作られ試験されるのかを調べてください。

すべてのTokyowheelリムは、カーボンの複数の密度と張力の強さから作られます(異なる構造のための異なる材料)。20以上の別々の部品は、リムに対し正確にカットされています。

私たちは最近、バサルト・ブレーキの表面を取り扱うことを止め、私たちの工場のエンジニアと共にDuraheat-R™プロセスを開発しました。 Duraheat-R™はTokyowheelの商標です。このプロセスはTokyowheelが独占所有権を持っています。あまり情報を公開することはできませんが、型にカーボン・レイアップを入れる前に、ブレーキングの表面とリムの表面層が接着されます (型に入れる前に、ブレーキングの表面をレイアップに重ねるのとは対照的です)。Duraheat-R™ブレーキング表面は、特にBlueStop 2Gパッドに良く反応します。このパッドは2015年9月にリリースしました。

Duraheat-R™ は二つの素材技術で成り立っています。Duraheat-R™樹脂は、260℃の高温に耐えます。つまり、激しくブレーキをかけてリムが摩擦により加熱するとき、カーボン樹脂を剥がしたり溶かしたりしないということです。Duraheat-R™カーボンクロス自体は、熱伝導性の高いフィラメントが織り込まれています。これらのフィラメントはリムのホットスポットを放散することに役立ち、低い温度を維持します。これは、より優れた耐久性を持ちながらより強い制動力を扱えるリムを作り上げます。

We are an international 会社、we have our office in Tokyo、where we originally begun business. Over the 年s we have manufactured ホイール and ホイール parts all over the world. Currently we build our ホイール in two locations. We do the final build of our Manufactured in USA ホイール in Tokyo、and sell those only to the domestic Japanese market. The ホイール that you’re probably interested in are the EPIC and ELITE series ロードバイク ホイール、which we offer to the 世界中 market. For these ホイール、our リム engineering and design is done as a joint partnership between Tokyowheel and our partner engineers at our カーボンmanufacturing facility. All our ハブ are made in Taiwan、including the DT Swiss 240s. Our セラミック ベアリング are made in the USA. Our スポーク are either Sapim (made in Belgium) or our スタンダード スポーク which are made in Taiwan. We used to make our リム in Taiwan、but in 2013 we アップグレードd production to a new world-class facility in east China、near Taiwan. This is also where we hand build and test each ホイールセット. We hold every part of our production to strict quality tolerances.

Sure、just go to any ホイール’s product page on Tokyowheel.com (For Example the Tokyowheel Epic 60) and you’ll find the Manufacturing & Testing セクション which explains our manufacturing and shows the process.

私たちのホイール製造工程は以下の通り:

私たちは、低い張力でスポークを組み上げ誤差補正をします。

スポークに更に張力を加えられるよう、理想的な位置になるようにスポークをならします。この後、スポークを均等な張力まで引き上げ、マイクロメーターとテンシオメーターで測定します。

次に私たちが強調するのは、機械でハブの上に横方向の力を付与することでホイールの負担を軽減するということです。これは基本的に、あなたが新しいホイールで経験するであろう『ならし』期間に代わるものであり、私たちのホイールがその耐用年数を通じて変わらずにいるようにします。最終のトゥルイングが終わったら、ホイールは仕上げの準備が整います。

私たちの基本的な試験基準は EN 14781 です。

それに加え、私たちの試験の手順は以下の通りです:

成形の後、そして、ホイール作製の前に、各々のリムの丸み、側方オフセットおよび重量が公差の範囲内であることを私たちは(マイクロメーターとデジタル・スケールで)確かめます。私たちは、ブレーキングが滑らかで一定であることを確実とするために、ブレーキングサーフェス幅もテストします。

弊社では、自社のデジタル試験所において、ブレーキ性能とリムの剛性度に対してリム各バッチから無差別サンプリングテストを行っています。これは製造過程において重要部分であり、弊社ホイールが高性能である要因の一つです。

私たちは時速30kmまでホイールを走らせてからブレーキをかけて、7つのパフォーマンス変数(例えば、減速、制動距離、および平均と最大のリム温度)を測ります。これらを測ることによって、私たちは過酷な制動状況の下でのホイールのブレーキング・パフォーマンスと耐久性を連続的に改善することができます。

スポークに結ばれたリムのセクションの硬さをテストしますが、これは3000ニュートンの力をスポークに加えて行います。そして、1/1000ミリメートルの単位でリムのたわみを測定します。これによって、リムの硬さの最適化を行いことができます。結果、車輪を通じて、乗り手のパワーを道路へと伝えることができます。

最終的なホイール作成の間に、私たちのホイールは、すべての一般の品質水準の試験が行われますが、それには以下のことを含みます:表面仕上げ、および傷、丸み、側方オフセット、ブレーキングサーフェスレンジ、重量、および最大スポーク張力。

いいえ、Tokyowheel はUCI 認定ではありません。私たちの基本的な試験基準はEN 14781です。私たちのターゲット市場の周辺にはプロのライダーいるので、私たちのホイールにUCIの認定は受けません。


仕事、後援、および小売り チーム Tokyowheelの一員になってください。

私たちは、ライダーをサポートすることに全力を尽くしています。私たちには、アスリートを後援するために、非常に体系化されたプログラムがあります。私たちは、いつもスロットを開けているわけではありませんが、後日考慮するためにあなたについての詳細を送ってください。

私たちは常に、熱心で優れた人物にTokyowheelチームへ参加してほしいと思っています。Tokyowheelのような急成長する次世代の会社で働くことに興味がございましたら、 始めてください.

Tokyowheelアンバサダープログラムは、アマチュアライダー彼らのコミュニティの中での影響力を使って、自分の仲間をTokyowheelに紹介することによって、装備を手に入れたりお金を稼いだりする方法です。 始めてください

素晴らしい、私たちは喜んであなたをサポートします。 Tokyowheel ディーラー のページへ移動して、あなたの住んでいるエリアに別のディーラーがないか調べてください。まずはTokyowheel ディーラーになる のボタンをクリックしてください。

チューブレスにしたいのであれば、チューブレスキット ― バルブ、チューブレスリムテープおよびシーラント ― が必要です。それらはオンラインで注文できますし、地元の優良なバイク店から入手することもできます。


Learn The 6 Things You Must Know Before Buying Carbon Wheels.

FREE CARBON WHEELS COURSE

: What's The Value In Carbon Wheels?

Loading...

あなたは手に入れます:

レッスン 1: なぜカーボンなのですか?

レッスン 2: チューブラー 対 クリンチャー

レッスン 3: この 38 50 60 88 Craziness は何ですか?

レッスン 4: 幅の広いリムのほうが良いですか?

レッスン 5: スポークおよびハブに問題がありますか?

レッスン 6: ホイールに費用をかけすぎないようにする方法

ボーナス: カーボンホイールに関する情報、ニュース、スペシャルオファーを手に入れてください。